協会案内

  • 協会案内
  • 工法案内
  • バイオハクリ
  • 外壁洗浄・タイル洗浄
  • ウォータージェット工法
  • ウォーターブリット工法
  • IMI工法
  • コンクリート目荒らし
ご挨拶 NPO法人 日本剥離洗浄技術協会 理事長  大川正培

環境変化が急速に進む時代のなか、人々は量よりも質、モノの充足より心の満足を重視する方向に変化しています。この変化は建物に対する想いにも共通し、フローからストックへと大きく変化してきています。

日本剥離洗浄技術協会は、平成17年の設立以来、社会が必要とする新しい価値を提供することを目指し、そのために必要な技術・工法開発、工法の普及活動、技術員の育成など事業活動を続けてまいりました。とくに、自然環境に配慮した工法等の開発、普及活動に力を入れて取り組み、平成24年から販売を開始した当協会のオリジナル工法である「バイオハクリ」に関しましては、
堅調な展開を続けています。

しかしそれは、途中経過に過ぎません。刻々と移り変わる社会ニーズに
応え、必要とされる新しい価値を提供し続けることができなければ、
当協会の成長ではないと考えているからです。

それには、環境保全を推進しながら、建物の防災ニーズへの対応
にも努め、安全で安心して暮らせる社会・環境づくりを推進して
いきたい考えです。常に時代と社会のニーズに応えることを
目指し、これからもチャレンジし続けてまいります。


協会概要
名 称 日本剥離洗浄技術協会
所在地 〒550-0015 大阪市西区新町1-32-16 TOPビル401
TEL:06-6534-0807 FAX:06-6539-0241
設 立 平成17年1月6日
会 員 33社(2016年8月1日現在)
役職員構成 理事長 森田 仁
理事 7名
目 的 建物の維持保全に関する知識を、高度な技術と豊富な経験を有する会員相互の協力により広く一般に理解できる内容に改め、不特定多数である建物の所有者と建設業務に携わる者を対象として、環境対応型軟化剥離剤併用高圧温水剥離洗浄工法を基にした、リニューアル技術水準の高揚、建築物の品質向上。次世代人材の育成を推進し、社会教育・健全なまちづくり・環境の保全・地域の安全・災害時の救援等公益の活動に寄与することを目的とする。
事業内容 本会は、前条の目的を達成するために次の事業を行います。
(1) 建物維持保全に関する資料収集および資料刊行
(2) 建物維持保全に関する教育普及セミナー
(3) 建物維持保全に関する技術研究または支援協力
(4) 建物の診断および補修・補強に関する支援協力
(5) 建物の性能評価および審査・検査
(6) その他、本会の目的達成するために必要な事業
アクセスマップ
Google Mapで見る
工法についてのお問い合わせ 電話06-6534-0807 受付時間(月~金)9:00~18:00
お問い合わせフォーム